読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CAMP&登山 RYO

80's♂ OUTDOOR etc..

SQUARE創立半年。

SQUAREを作ってから半年が経ちました。

かなりあっという間な気がします。

 

山にハマッてすぐSQUAREを立ち上げたのでSQUAREの歴史はそのまま私の山の歴史になります。山にハマッた理由は大体HPのトップに書いてあるとおりです。2/12に初めての石老山でハマり、2/28に登山部立ち上げちゃってますね。

 

ど素人なのに登山部を立ち上げた理由は、スポーツやろうよでアウトドアサークルに無視され、登山サークルに男性多いのでごめんなさいされたことでした。大きなサークルはめんどそうだったので応募していません。(ちなみにどうでもいいですが、サークルスクエアというアプリがあるのでsquareはサークルではなく、登山部squareです^^)

 

なんでも来いやの精神から、会うためのアプローチは応募者全員にしました。結果的に応募46名に対し実際に会うにいたった人は半分くらいです。

 

ということで今までの活動を振り返ってみました。

 

第一回活動 棒ノ峰  3名

もともと友達と二人で棒の峰に登る話になっていたが、J氏の応募があったため、一緒にと誘って3人で登る。何をやっているのか不明なサークルが多く、HPやブログで活動実績を載せていくことがメンバーを集めるうえで大事だと思っていたので、募集してすぐに活動できたことはありがたかった。

俺たちは純粋に山に行きたいだけだし、むしろ男性だけでも全然問題ないよねと話していたことを思い出しますが、結果的に女性の割合が多くなりました。

ちなみにひねくれものなので必要性を感じたら山装備買えば良いと思っていたのでこの時ほぼ山用装備なし。

 

第二回活動 御岳山 4名

曇り。御岳山はケーブルカーですぐ登れて正直つまらなかったです。大岳山は上り応え会ってよかったものの歩きなれてなくかなり疲れました。実家からもらってきたドイターのザックと総皮ゴアテックスのガルモントの靴で登るもソールが壊れる。マニアックメンバーN氏が合流。

 

第三回活動 高尾山ナイトハイク 3名

いきなりマニアックな企画を立てたもののN氏しか集まらなかったためこの時も別の友達を招集。麓の日影沢にテント張って昼から飲んだり枝拾って焚き火したりウインナー焼いたりジンギスカンつくってもらったりで野郎3人でめちゃめちゃ楽しむ。3時におきて登り、二日酔いできつかったが最高に楽しかった。メンズならでは。

 

第四回活動 伊豆ヶ岳 4名

初の女性メンバー参加。前日仕事が忙しくあまり寝れずグロッキーだったものの、男坂の大岩にテンションが上がる。長距離移動だったが歩きなれてきてあまり疲れず、満足度の高い山行になる。終わった後に渋谷飲み会の予定があり、解散後に移動するも、見た目は浮くわせっかくリフレッシュしたのに町は汚いわ人は多いわでげんなりする。

 

第五回活動 滝子山 4名

全員新規。初の高校生メンバー参加。ふんわりしたメンバーオンリーの山となり、個人的にはかなり印象深い、居心地の良い山行となりました。初めて帰り道に飲みにいって、そちらも楽しむ。

 

第六回活動 鍋割山 3名

新規さんの応募が溜まってきていたため、新規さんを迎え入れるためにぶっちゃけ全然興味のなかった鍋割山企画を立案。鍋焼うどんだけをモチベーションにすえる。しかし恒例の新規キャンセルフィーバーで4,5人のキャンセルに合い、結局私と女性新規Aさんの二人登山になるピンチを迎えるも、既存N氏の急遽参加で由々しき事態は免れる。おいしい鍋焼うどんを楽しみ、帰りにも無事仲良く飲んで帰る。

 

第7回活動 瑞牆山 9名

初のレンタカー遠征企画。今までマックス4名だったため一気に増量。登山部っぽくなったなあとしみじみ。今までと比べ物にならない高度感と、ごっつごつの岩がタイプ過ぎて今までで一番楽しかった。帰りに初めて皆で温泉に行く。

 

第8回活動 岩殿山 10名

yamahack記事で見つけた近くて低くて岩で楽しい岩殿山。パフォーマンス的には今までの山の中で最も優れていたかもしれない。アスレチック感は乾徳山に次いですごかった。20代が大量増量し、部活のメイン層が20代となる。

そして、予想通り地獄の暑さ。

 

第9回活動 乾徳山 9名

レンタカー徹夜ハイクにするも、眠くて1日中グロッキーで反省。山自体は雨は降らなかったものの、ずっとミストで結構危険だった。今までにない、壁を登る感じのがっつりの岩場の連続。晴れた時にまた行きたい。

 

BBQ

部の掲示板活性化のために顔合わせの意味もこめてメンバー皆んなに積極的に声をかける。暑すぎたが楽しかった・・・。実はみんなが集合する前、外国人グループでおぼれた人がいて、AEDやら心臓マッサージやらやってて大変な感じだった↓

キャンプ場で川遊びをしていたインド人男性おぼれ

何気に上流のほうで泳いで最高な気分だった。

 

第10回活動 北横岳

メンバーが企画立ててくれたものの都合により不参加(>_<)

 

ぶっちゃけ自分としては特に運営として苦労した気はしていません。山という一点のみでメンバーを集め、山に行くという一点のシンプルな活動に留まっているからかなと思います。常に行きたい山に行っているだけだし、むしろ一緒に行ってくれるメンバーには感謝です。

 

やっと落ち着いてきた感があります。最初から組織運営欲は特になくフリーにやってるので、これからは私がいなくても皆んなでよろしくやってくれる組織化が進んでくれればなと思っています。

 

これから多分トラブルなども起こったりもすると思いますが、少しずつ最適な形に変わって、1周年を迎えられればなと思います^_^

広告を非表示にする